スマホATM取引でお金借りる

カードローンでお金借りるのに、カードなしも可能なのを知ってビックリしました。

 

もちろんカードなしでも振込キャッシングでお金借りることができることは知ってました。

 

でもカードを使ってATMキャッシングするのが標準だからカードローンって言うのだと思ってましたからね。

 

銀行のローンでネットキャッシングというのがあって、振込でしか借りることのできないローンもあります。

 

でもカードローンでお金借りるのに、カードなしで契約できてATMでも借りることもできるのは本当に驚きです。

 

どうしてそんなことが可能なのかと思ったら、なんとスマホアプリでATM取引ができるらしいです。

ただ、利用できるすべてのATMでスマホATM取引ができるわけではなくて、スマホATM取引はセブン銀行ATMのサービスなんですよね。

 

だから、カードなしでスマホATM取引を利用してお金借りることができるのは、コンビニのセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMだけです。

 

近くにセブンイレブンがなくても、振込キャッシングでお金借りることもできるし、全然不便はないと思います。

 

カードなしのときの返済は、口座振替による自動引き落としが必須となるため、契約時にWeb申込受付に対応した金融機関口座の登録が必要となります。

 

カードなしで利用する方法
お金借りるとき

カードなしにできるカードローンでは、以下のいずれの方法でもお金を借りることができます。

  • 振込キャッシング
  • スマホATM取引(セブン銀行ATM)
返すとき

カードなしの場合は口座振替による自動引き落としが必須となりますが、その他の方法で追加返済をすることができます。

  • 口座振替(必須
  • インターネット返済
  • プロミスとレイクALSAのみ可能
  • スマホATM取引(セブン銀行ATM)
  • コンビニレジ
  • プロミスとアイフルのみ可能
  • 銀行振込

 

それに、カードなしだと誰かに見られたり、カードを無くしたりする心配もありませんからね。

 

そんな、カードなしでお金借りることができるカードローンを紹介しますね。

カードなしが可能なカードローン

カードなしでお金借りることができるカードローンには、プロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなどがあります。

 

金融会社の最大手と思われるアコムはまだカードなしに対応していないようです。

 

プロミス

アコムと並ぶ金融会社最大手の一つである、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスですね。

 

金利も低いし、もっともサービスが充実しているカードローンといえるでしょう。

詳細はこちら

 

カードなしにする方法
  1. Webから申込
  2. Webから申込んでWebで契約する場合に「カードなし」を選ぶことができます。

     

  3. Webで契約を選択
  4. 契約方法として「来店」か「Web」を選択しますが、来店契約ではカードが発行されます。

     

  5. 必要書類を提出
  6. Web契約の場合は、必要書類を画像化して送信するかスマホアプリで提出します。

     

  7. 審査結果の連絡
  8. 希望の方法(メールか電話)で審査結果の連絡があります。

     

  9. 「口座振替による返済」を選択
  10. 契約時に返済方法として「ATM」か「口座振替」を選択しますが、カードなしにする場合は「口座振替」にします。

     

  11. 金融機関の登録
  12. 口座振替に使用する金融機関(Web申込受付対応金融機関に限ります)を登録します。

     

  13. カード発行の選択
  14. 「カード郵送希望なし」を選択すると、カードなしで契約することができます。

 

借りる方法
振込キャッシング

振込キャッシングは24時間対応ですが、振込む金融機関によって振込実施時間が異なります。

 

モアタイムシステムに参加している多くの金融機関で24時間振込が可能となっています。

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリでのATM取引が可能です。(提携ATM手数料必要)

 

返す方法
口座振替(必須

 

インターネット返済

毎月の口座振替のほかに、インターネットバンキングを利用して24時間手数料無料で返済できます。

 

ただし、利用できるインターネットバンキングは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のみとなっています。

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリでのATM取引が可能です。(提携ATM手数料必要)

 

コンビニ返済

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用して、24時間手数料無料でコンビニレジでの返済が可能です。

 

銀行振込

銀行振込で返済することも可能ですが、利用する金融機関所定の振込手数料が必要となります。

プロミスの詳細

 

アイフル

銀行グループに属さない独自の審査スコアリングが特徴の、独立系老舗金融会社のアイフルです。

 

振込キャッシング時の利用明細郵送や、インターネット返済ができないなど、ネット利用の便利さが劣りますが、ATM利用がメインならおすすめです。

アイフルの詳細

 

カードなしにする方法
  1. Webから申込
  2. 「カードなし」にする場合はWebでの申込となります。

     

  3. 必要書類の提出
  4. 申込完了後にメールで必要書類の提出方法について案内があります。

     

  5. 審査結果の連絡
  6. 審査連絡は電話またはメールでお知らせがあります。

     

  7. 金融機関の登録
  8. カードなしにするには、口座振替に使用する金融機関(Web申込受付対応金融機関に限ります)を登録する必要があります。

     

  9. カードの有無を選択
  10. 契約手続き時にアイフルカードの有無を選択します。

 

借りる方法
振込キャッシング

振込予約はネットで24時間できますが、振込実施は24時間に対応していませんので、振込時間によっては翌日以降になる場合があります。

 

またWeb明細を利用している場合は振込キャッシングは使えず、振込の場合は利用明細書が必ず郵送されますので注意が必要です。

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリでのATM取引が可能です。(提携ATM手数料必要)

 

返す方法
口座振替(必須

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリでのATM取引が可能です。(提携ATM手数料必要)

 

コンビニ返済

ローソン(Loppi)・ファミリーマート(Famiポート)に設置のマルチメディア端末を利用して、レジにて原則7:00〜23:30まで、土・日・祝日を問わず返済できます。(手数料が必要)

 

銀行振込

銀行振込で返済することも可能ですが、利用する金融機関所定の振込手数料が必要となります。

アイフルの詳細

 

 

SMBCモビット

プロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンスの子会社で、独特なサービスで人気のモビットです。

 

最もメリットが大きいのは「電話なし」の『WEB完結申込』なので、申込条件を満たしている人には嬉しいサービスですね。

詳細はこちら

 

カードなしにする方法
  1. Webから申込
  2. モビットの申込には『カード申込』と『WEB完結申込』があり、WEB完結申込なら「カードなし」になります。

     

  3. WEB完結申込
  4. WEB完結申込ができるのは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座を持ち、社会保険証または組合保険証を持っている人に限られます。

     

  5. 口座振替口座の登録
  6. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座しか利用できません。

     

  7. 必要書類の提出
  8. WEB完結申込の場合は、借入金額に関わらず収入証明書と勤務先を確認できる書類の提出が必要となります。

     

  9. 審査結果の連絡
  10. メールで審査結果の連絡があります。

     

  11. 入会手続き(契約)
  12. ネットで入会手続きをすれば契約完了し、入会完了メールが届けばすぐに利用できます。

 

借りる方法
振込キャッシング

モアタイムシステムに対応していますが、振込実施を行っていない時間帯があり、24時間振込には対応していません。

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリでのATM取引が可能です。(提携ATM手数料必要)

 

返す方法
口座振替(必須

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリでのATM取引が可能です。(提携ATM手数料必要)

 

銀行振込

銀行振込で返済することも可能ですが、利用する金融機関所定の振込手数料が必要となります。

SMBCモビットの詳細

 

レイクALSA

一時は銀行のカードローンブランドにもなっていた、新生銀行グループのレイクALSAです。

 

提携ATMの利用手数料がすべて無料なので、スマホアプリATM取引メインの人は嬉しいですね。

詳細はこちら

 

カードなしにする方法
  1. Webから申込
  2. カードなしで契約するためには、Webから申込むのが便利です。

     

  3. 審査結果の連絡
  4. メールで審査結果の連絡があります。

     

  5. 必要書類の提出
  6. 審査結果メールに案内されている方法で必要書類の提出をします。

     

  7. Webで契約(郵送物なし)
  8. 契約方法は「Webで契約(郵送あり)」「Webで契約(郵送なし)」「店舗で契約」から選べますが、「Webで契約(郵送なし)」でカードなしとなります。

     

  9. 金融機関の登録
  10. 契約時に「自動引落しサービス」にて金融機関口座情報(Web申込受付対応金融機関に限ります)を登録することが必要となります。

 

借りる方法
振込キャッシング

モアタイムシステムに対応しているので多くの銀行に24時間振込可能ですが、一部振込融資を行っていない時間帯があります。

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリ「e-アルサ」でのATM取引が手数料無料で利用可能です。

 

返す方法
口座振替(必須

 

Web返済

インターネットバンキングを利用なら、「Pay-easy(ペイジー)」を利用して多くの金融機関から、24時間手数料無料で振込返済することができます。

 

スマホATM取引

セブン銀行ATMなら、スマホアプリ「e-アルサ」でのATM取引が手数料無料で利用可能です。

 

銀行振込

銀行振込で返済することも可能ですが、利用する金融機関所定の振込手数料が必要となります。

レイクALSAの詳細

カードなしでお金借りるメリットとデメリット

メリット

自宅への郵送物をなくすことができるので、家族にバレることなくカードローンを利用できます。

 

カードを受取る必要がないので、すべての手続きをWebで完結することもできて、本当に便利です。

 

Webで契約が完了すれば、すぐにお金借りることができるので、急いでいるときもすぐに借りることができます。

 

カードを誰かにに見られたり無くしたりする心配がありません。

 

カードが必要だと思ったら、後からでもカード発行をすることが可能です。(SMBCモビットは除く)

 

デメリット

カードがあれば、とにかく近くにあるコンビニや金融機関に設置されている提携ATMが利用できる便利さがあります。

 

急に手元に現金が必要となったときに、カードなしだとセブンイレブンを探すか、振込で借りて銀行ATMから引き出す必要があります。

更新履歴